魔法の英語脳トレ

〜1日15分18日で英語の達人に〜

デイビッド・セイン

A5判 176ページ

¥1,760

全国の

紀伊國屋書店、丸善ジュンク堂書店、三省堂書店、有隣堂

でお買い求めいただけます。

■ゲーム感覚で「英語脳」を作る!

 本書が脳トレのツールとして注目したのが「英語」。英語に関連したシンプルな計算や間違い探し、地図問題など、クイズ形式の楽しい問題に取り組むことで、大人は昔学んだ英語の記憶や知識を呼び覚まし、子どもは新たに英語の「ネイティブ感覚」を身につけることができます。

『魔法の英語脳トレ』のコツはコレ!
1 英語を使うこと
2 イメージを育てること
3 簡単な計算や単純なパズルをすること
4 音読やリスニング問題をすること
5 毎日の習慣にすること
DAY1〜DAY18までこなすと記憶を引き出す力、集中力・判断力、分析力、情報処理能力、空間認知力がつく気がつけば英語の達人に!

・Question1 「バラバラになっている展開図を組み立てて英語を立体的に理解しよう」物事を身に付けるには点ではなく線でもなく立体的な理解が必要です。   

・Qustion2 「15分だけで英語の早口言葉ですら、難なく聞き取れるようになろう」 英語の早口言葉に慣れるだけで、ネイティブの会話は聴き取れるようになります。   

・Question3 「英語を身に付けるためにはしりとりが効果バツグン」日本人なら誰でも知っているゲームで、英語にふれる機会を圧倒的に増やしましょう。

・Question4 「単語を覚えるためには、仲間はずれを探そう」まずはパズルの仲間外れを探すことで、英文がチグハグにならずに完成させることができます。

・Question5 「私は何でしょう?これだけだと分からないですよね、ふふふ」想像することで頭の引き出しから英語で推測するから、出てくる、ハマる、分かっちゃう。

・Question6 「さいころコロコロ英文法」コロコロイメージ、サクサク作成、メキメキ上達!    

・Question7 「頭を解きほぐす『単語探しパズル』」パズルをはめこむように単語を見つけることで、頭に英語がカチッとはまります。  

・Question8  「ゲーム感覚で楽しく『英語なぞなぞ』を解き明かそう」楽しくヒントを組み合わせてなぞなぞの答えを導きだすことで、本当の英語力が姿をあらわします。

■スマホとリンクした、さまざまな特典も!

日常英会話や早口言葉などネイティブが実際に発音する「リスニング問題」が聞けるだけでなく、著者であるデイビッド・セインからのメッセージも。その他の特典は、ぜひ本書でご確認ください。

◉デイビッド・セイン

英語学習書ベストセラー著者。米国生まれ。証券会社勤務後に来日。日本での30年にわたる英語指導の実績を生かし、英語学習書、教材、Webコンテンツの制作を手掛ける。累計400万部を超える著書を刊行、多くがベストセラーとなっている。NHKレギュラー出演のほか、日経・朝日・毎日新聞などに連載。著書『1日15分18日で英語の達人に 魔法の英語脳トレ』(InteLingo)他多数。日本文化を英語で紹介する講演会やセミナーも開催。毎日15分間ドラマを見て、簡単なエクササイズとゲームをすることで英会話が学べるオンライン英会話スクール「I-smile」(https://www.ismile1.net/)を運営。